WORKERS ワーカーズ Silk Knit Tie シルクニットタイ ネイビー [WKS31]

WORKERS ワーカーズ Silk Knit Tie シルクニットタイ

   
 

こちらの商品は送料無料でお届けします

(※沖縄・離島を除く)

 
   

 

 

 

 

 

   
 

WORKERS ワーカーズ

 

 
 

WORKERS

(ワーカーズ)

 
 

 

 

WORKERS(ワーカーズ)は岡山を拠点にワーク、トラッド、ミリタリーを中心としたメンズウェアメーカー。

 

古着独特の雰囲気を好む代表は実際の古着を研究し、その製品をが作られていたメーカーや現存する建物にまで足を運び歴史や資料を調べ上げて製品づくりのヒントにしています。

 

自分で工程を理解し、各工程ごとの専用の設備を要した工場でのみ生産を行っています。

 

そのクオリティーの高さとユニークさでJ.CREWやINVENTORYをはじめ海外からも注目を集めています。

 

 

 

 

 

 

 

Silk Knit Tie

 

 

WORKERS(ワーカーズ)定番の国産シルクニットタイです。

 

ふっくらとした弾力のあるニットタイです。

 

WORKERS ワーカーズ Silk Knit Tie シルクニットタイ

 

 

 

 

 

   
 

探しに探した、国産ニットタイ。

 

東京をはじめ京都、山梨、ニットタイの作れる工場を探すも「以前はやっていたのですが」「つい数年前に廃業しまして」の繰り返し。

 

最後の頼みで、本来絹織物が得意なネクタイ屋さんにだめもとで聞いてみたところ「近所で一軒あります」とのこと。

 

その絹織物が得意なネクタイ屋さんはかなり手広くやられているネクタイ屋さん。

 

実は私がお願いしている京都の工場さんも知り合いだったり。ネクタイ業界の狭さを感じました。

 

WORKERS オフィシャルサイト抜粋

 
   

 

WORKERS ワーカーズ Silk Knit Tie シルクニットタイ

 

WORKERS ワーカーズ Silk Knit Tie シルクニットタイ

 

 

 

 

 

アイビー

 

 

1950年代後半からニットタイはアイビーリーガー達に多く愛用されてきました。

 

当時はボタンダウンシャツとチノパン、ブレザーにニットタイを合わせて面接などに臨んでいたようです。

 

当時のアイビーリーガー達が愛用していたニットタイはふっくらとした弾力に富んだ編み目で、袋状に編まれた芯地がないニットタイでした。

 

WORKERSのニットタイも当時と同じようなニットタイに仕上がっています。

 

WORKERS ワーカーズ Silk Knit Tie シルクニットタイ

 

 

 

 

 

   
 

ニットタイはソリッド、無地に限ります。

 

好みはありますが、WORKERSはソリッド。

 

これは言い切ってしまいます。

 

ホワイトのシャツにブラックのソリッド、そしてブルーのシャツにはネイビーのニットタイ。

 

これが私の定番です。

 

WORKERS オフィシャルサイト抜粋

 
   

 

WORKERS ワーカーズ Silk Knit Tie シルクニットタイ

 

WORKERS ワーカーズ Silk Knit Tie シルクニットタイ

 

 

 

 

 

シルク

 

 

素材はシルク100%です。

 

シルクは最も一般的なネクタイの素材になります。

 

独特の光沢を持ち、弾力性と発色性に優れているのが特徴です。

 

WORKERS ワーカーズ Silk Knit Tie シルクニットタイ

 

 

 

 

 

WORKERSのニットタイはふっくらとして、立体的で、空気を含んで編まれたような風合いが特徴的です。

 

それでいて、しっかりと目が詰まっています。

 

ダルッとならない、カジュアルでありながら上品なニットタイです。

 

WORKERS ワーカーズ Silk Knit Tie シルクニットタイ

   

 

 

  

 

サイズ

 

 

サイズは全長146cm、大剣幅5cm、小剣幅4cm。

 

ベーシックなネクタイのサイズよりも少しだけスマートな印象です。

 

WORKERS ワーカーズ Silk Knit Tie シルクニットタイ

 

 

 

 

 

着脱がスムーズ

 

 

首周りの部分はテープ状になっています。

 

滑りが良いので着脱がスムーズです。

 

WORKERSらしい細かい配慮が感じられます。

 

WORKERS ワーカーズ Silk Knit Tie シルクニットタイ

  

 

 

 

 

小剣通し

 

 

ネクタイ裏には小剣通しが付きます。

 

ループとも呼ばれ、ネクタイを着用した際に小剣を通しネクタイの収まりをよくします。

 

ベーシックで使いやすい仕様です。

 

WORKERS ワーカーズ Silk Knit Tie シルクニットタイ

 

 

 

 

 

フクロ編み

 

 

   
 

縫い目というか、リンキングしているのは上の一辺だけ。

 

他は縫い目の無い筒状です。

 

フクロ編みという状態で縦方向に縫い目の無い、筒状の物が編み上がります。

 

さらに、編み始める時に止めを入れることで、下側の辺も縫い目無し。

 

つまり、上の図とは上下逆の状態で編み機から編みあがってきます。

 

で、最後に一辺だけ、ここも編み止めもすることはできるのですが、いくら機械で編むとは言え相手は糸。

 

どうしても誤差が出るのでぴしっと皺無く作れない。

 

そこで、あえて一辺だけは口が開いた状態で作り、最後にリンキングで始末しています。

 

縫い目が一辺しかないのでとてもフラット。

 

首に巻いて、どこも折れるのに邪魔になる部分が無いのでしなやかに首に沿ってくれます。

 

WORKERS オフィシャルサイト抜粋

 
   

 

WORKERS ワーカーズ Silk Knit Tie シルクニットタイ

 

 

 

 

   
 

 

Factory

 

 

 
 

 

WORKERS ワーカーズ Silk Knit Tie シルクニットタイ

 

小寸の丸編み機。

靴下を編む機械を改造しているそうです。

 

 

 

 

 

さっそくご対面。丸編み機です。

 

実はニットタイ自体、この丸編み機で作る方法もあれば、横編み機で作って、縦方向に縫う方法もあります。

 

WORKERSでは、どうしても縦方向に縫い目が無い丸編みがしたかったので無理言ってこの工場さん(Sさん)を探してもらいました。

 

実は、Sさんも小寸丸編みだけではなく、工場の奥に進むとずら〜〜〜っと横編み機が並んでいます。

 

そちらは、うちの商品は無いので遠慮して写真は取りませんでしたが、中々すごい台数が並んでいます。

 

なんで、そんなに私が横編み機にこだわるかと言えば・・・もともと、最初に使ったCADが編み機のメーカー、島精機だったのです。

 

和歌山の島精機にも研修に行かせてもらい、その編み機の精密さ、自社で作ってる事、そして編み機のお値段にびっくりしたものです。

 

そんなお高い編み機を使って、しっかり横編みをやりつつ、でもこの小寸の丸編みもず〜っと取っておいたSさん。

 

実際、小寸丸編みのニットタイはほとんど注文が無い時期もあったそうです。

 

それでも、メンテしながら機械を維持し続けた。

 

今も、奈良に一台メンテに出しているそうです。

 

 

 
 

 

WORKERS ワーカーズ Silk Knit Tie シルクニットタイ

 

ニットタイの編みデータが読み込まれているところ。

保存メディアはテープ!

 

 
 

 

 

 
 

 

WORKERS ワーカーズ Silk Knit Tie シルクニットタイ

 

編み機の後ろには糸が立っている。

この糸もコットン、ウール、シルク、いろいろあります。

 

 
 

 

 

 
 

 

WORKERS ワーカーズ Silk Knit Tie シルクニットタイ

 

こんな感じでつながって出来上がってきたものを切ります。

 

 
 

 

 

 
 

 

WORKERS ワーカーズ Silk Knit Tie シルクニットタイ

 

最終的に熱をかけてニットタイの形を安定させる時に使う型。

編んでまつって終わりではないのでした。

 

 
   
 

 

ネクタイ自体はつながってできて着た物を切り、切った部分を手でまつる。

 

さらに、熱をかけて形をフィックス(固定)するといった作業。

 

そして、Sさんのもう一つすごいのが糸。

 

 
   
 

 

WORKERS ワーカーズ Silk Knit Tie シルクニットタイ

 

シルクの色糸たち。

もちろん、糸メーカーが作ってる物でなくSさんが別注で染めてる物。

 

 
   
 

 

生地にしろ、ニットにしろ作ってみるとわかるのですが、基本的に糸メーカー(紡績とよく呼びます)は白糸がメイン。

 

一部、色糸もありますが、ほんのわずか。

 

特に、ニットタイ用の糸、それもシルクなんて言ったら作って在庫してる糸メーカーはありません。

 

じゃぁ、だれが在庫するの・・・と成った時に、気合で在庫してくれてるのがSさんなのです。

 

糸染めのロットを考えれば、WORKERSで作る微々たる量ではとても染められません。

 

こうやって、工場さん(ある意味、本来の意味でのメーカーはうちではなくこのSさん)がリスクを取ってくれるからこそ、我々ファブレスメーカーが自由に物を作ることが出来るのです。

 

足向けて寝られません。

 

 

 
 

 

WORKERS ワーカーズ Silk Knit Tie シルクニットタイ

 

WORKERS ワーカーズ Silk Knit Tie シルクニットタイ

 

前にコットンセーターでも登場したリンキングミシン。

並んだ針に編み目を刺して、チェーンステッチで縫っていきます。

 

 
 

 

 

そして、Sさんの面白い所がもう一つ。

 

この縫製やっている方たち、文化などのニット科でた若い子達です。

 

彼女達が、縫いがあるときは縫いをやりつつ、編みの組織を作る専門の機械(島精機のSDS-ONEというやつです)も使うのです。

 

これ、すさまじい事なんです。

 

私も工場に居たのでわかりますが、いうなれば、縫製工場で普段はパターン作ってる人が、手が空いたら縫製もやってしまう・・・という事です。

 

超多能工というか、普通では考えられない超効率化なのです。

 

工場で一番困るのが、作業者の手が空いてしまう事。

 

たとえば、平ミシンしか使えない人だとその仕事が無いときに困る。

 

だから、他のミシンを使えるようになったり、最終的には全行程縫えるように・・・とそういう意味での多能工化はあるのですが、縫製と設計、これをまたいでやるというのは中々無いのです。

 

実際、作業する人達自体がそれを嫌うのもあるし。そういう、固定概念が無いSさん。

 

「編地の基本がわかっていれば編み組織は作れる。そのうえでさすが、若い子はリンキングミシンもすぐ覚えちゃうしね〜」
なんておっしゃってましたが、やっぱり普通じゃないです。

 

WORKERS オフィシャルサイト抜粋

 

 
   

 

 

 

WORKERS ワーカーズ Silk Knit Tie シルクニットタイ

 

他のカラーはこちら。

 

 

Brand
   
 

WORKERS(ワーカーズ)

WORKERSは岡山を拠点にワーク、トラッド、ミリタリーを中心としたメンズウェアメーカー。
古着独特の雰囲気を好む代表は実際の古着を研究し、その製品をが作られていたメーカーや現存する建物にまで足を運び歴史や資料を調べ上げて製品づくりのヒントにしています。
自分で工程を理解し、各工程ごとの専用の設備を要した工場でのみ生産を行っています。
そのクオリティーの高さとユニークさでJ.CREWやINVENTORYをはじめ海外からも注目を集めています。

 
   
Country
   
 

Made in Japan

 
   
Quality
   
 

シルク100%

 
   
Size

 

 

サイズ長さ大剣幅小剣幅
ONE146cm5cm4cm

  

サイズの測り方はこちら。

Attention
   
 

色は実物に近い掲載を心掛けておりますがご覧の環境により、多少色具合が異なって見える場合もございますのでご注意下さい。

サイズ計測の多少の誤差はご了承下さい。

 
   

 

 

WORKERS
ワーカーズ
Silk Knit Tie
シルクニットタイ
ネイビー
[WKS31]

価格: 8,250円(税込)

サイズ:
数量:

.





  •  

     
     
     
         
      
         
      

  • WORKERS(ワーカーズ)の他のアイテム

    Other(その他)の他のアイテム

    新商品

    最近チェックしたアイテム

レビュー

  • 5
    使いやすい!
    購入者 さん
    締め心地がいいネクタイです。
    シルクの感触が気持ちいいだけでなく、外す時もすーっとはずれます。
    この付け心地は癖になります。
    ショップからの返信
    レビュー投稿頂きましてありがとうございます。
    気に入って頂きまして嬉しいです!
    今後カラー展開も予定しております。
    ご興味ありましたらまたご利用ください。
    このレビューは参考になりましたか?