kearny カーニー 1955 collection charlie チャーリー セルロイド眼鏡 gold [18002-gold]

kearny カーニー 1955 collection charlie チャーリー セルロイド眼鏡

   
 

こちらの商品は送料無料でお届けします

(※沖縄・離島を除く)

 
   

 

 

 

 

 

   
 kearny カーニー セルロイド眼鏡 
 

 

 

 
 kearny 
 

カーニー

 

 
 

kearny カーニー セルロイド眼鏡

 

kearnyは2013年にスタートしたアイウェアブランドです。

 

デザイナーの熊谷氏は、アメリカのヴィンテージ眼鏡に魅了され、日本でも少なくなっている職人によるハンドメイドのセルロイド眼鏡を作りたいという想いからブランドを立ち上げました。

 

kearny カーニー セルロイド眼鏡

 

セルロイドは19世紀中頃に誕生した素材で多くのヴィンテージ眼鏡に使用されています。

 

現在の眼鏡フレームには殆ど使われていません。

 

当時は眼鏡や万年筆を始め、様々なものにセルロイドが使用されていました。

 

kearny カーニー セルロイド眼鏡

 

セルロイドの最大の魅力は透明感のある美しい光沢です。

 

もともとセルロイドは象牙の代用品としてアメリカで開発されました。

 

ギターピックや万年筆、メガネなどに多く使用されましたが、加工するときに出る粉塵の強い発火性が問題になり20世紀半ばにアメリカで可燃物質規制法が成立。

 

これにより日本製のセルロイド製品などがアメリカへ輸出できなくなり、世界的にセルロイドの製造や消費が落ち込む事になりました。

 

現在ではセルロイドを作る職人も、セルロイドを加工する職人も減少しています。

 

kearny カーニー セルロイド眼鏡

 

時代と共に減少していくセルロイドフレームに頑なにこだわって製作しています。

 

生産は眼鏡の一大産地、福井県鯖江市。

 

眼鏡の国内生産95%以上を占める鯖江でもセルロイドを加工できる工場は数件と言われています。

 

良い眼鏡を少しでも多く作り、残していきたいというデザイナー熊谷氏の思いが詰まった眼鏡です。

 

kearny カーニー セルロイド眼鏡

 
   

 

 

 

 

 

charlie

 

 

kearny(カーニー)のcharlie(チャーリー)です。

 

こちらは薄いカラーのレンズを使用したサングラスになります。

 

2018年よりスタートしました「1955 collection」のモデルです。

 

ヴィンテージのような佇まいが魅力的な眼鏡です。

 

kearny カーニー 1955 collection charlie チャーリー セルロイド眼鏡

 

 

 

 

 

1955 collection

 

 

2018年よりスタートしました「1955 collection」。

 

1955は1955年を意味します。

 

1955年はセルロイド製品の火災事故が多発していた事を受けアメリカで可燃物質規制法が成立した年です。

 

この年から日本製のセルロイド製品はアメリカに輸出できなくなり、世界的にセルロイドの製造や消費が落ち込むことになります。

 

セルロイドという素材が減少していく契機となった1955年。

 

その当時の時代背景や1955年に関係する人物を元に製作したのが「1955 collection」です。

 

kearny カーニー 1955 collection charlie チャーリー セルロイド眼鏡

 

kearny カーニー 1955 collection charlie チャーリー セルロイド眼鏡

 

kearny カーニー 1955 collection charlie チャーリー セルロイド眼鏡

 

kearny カーニー 1955 collection charlie チャーリー セルロイド眼鏡

 

kearny カーニー 1955 collection charlie チャーリー セルロイド眼鏡

 

 

 

 

 

コーディネート

 

 

シンプルで洗練されたデザインの眼鏡ですのでカジュアルでもタイドアップでもよく合います。

 

眼鏡をかけるだけで印象が大きく変わります。

 

流行り廃りなく、様々なコーディネートをお楽しみ頂けます。

 

kearny カーニー 1955 collection charlie チャーリー セルロイド眼鏡

 

 

 

     
     
     
 Coordinate items 
     
     
     
 

Hat

THE H.W.DOG&CO.

FRONT-H

 
     
     
 

Eyewear

kearny

1955 collection charlie

 
 

 

 

  
     
 

Tee

Tieasy Authentic Classic

HDCS BOATNECK BASQUE SHIRT

 
     
     
 Watch

MWC

US Military Pattern Vietnam Watch

 
     
     
 

Belt

Vintage Works

Leather belt 5Hole

 
     
     
 

Pants

Buzz Rickson's

EARLY MILITARY CHINOS 1942 MODE

 
     
     
 Shoes

TOKYO SANDALS

HEEL HOLD SLIP ON

 
     
     
     

 

 

 

kearny カーニー 1955 collection charlie チャーリー セルロイド眼鏡

 

kearny カーニー 1955 collection charlie チャーリー セルロイド眼鏡

 

 

 

 

 

プレゼントにもお勧め

 

 

kearny(カーニー)のセルロイド眼鏡は女性も着用可能です。

 

プレゼントにも喜ばれるアイテムです。

 

kearny カーニー 1955 collection charlie チャーリー セルロイド眼鏡

 

kearny カーニー 1955 collection charlie チャーリー セルロイド眼鏡

 

kearny カーニー 1955 collection charlie チャーリー セルロイド眼鏡

 

 

 

 

 

チャーリー・パーカー

 

 

商品名のcharlieは、1955年にこの世を去りましたアメリカのジャズミュージシャン「チャーリー・パーカー」からとったネーミングです。

 

チャーリーは伝説的なアルトサックス奏者でジャズの根幹を作った人物の一人だと言われています。

 

「モダン・ジャズの父」とも呼ばれています。

 

チャーリーの素晴らしい演奏は現代でも世界中のジャズファンに広く親しまれています。

 

 

 

 

 

 

オクタゴン型

 

 

オクタゴン型の眼鏡になります。

 

オクタゴンは8角形という意味です。

 

現代的な派手なデザインに見える方もいらっしゃるかもしれませんが、1920年代にはすでに存在していたそうです。

 

1910年代から30年代にアメリカ・ヨーロッパで流行したアール・デコという幾何学柄の装飾美術がルーツと言われています。

 

ヴィンテージを踏襲しながらも掛けやすい眼鏡に仕上がっています。

 

 

 

 

 

 

セルロイド

 

 

kearny(カーニー)の眼鏡はセルロイドという素材を使用しています。

 

現在の眼鏡フレームの主流はアセテートと呼ばれるプラスチックです。

 

セルフレームなどとも呼ばれています。

 

セルロイドは19世紀中頃に誕生した素材です。

 

当時、眼鏡のフレームに使われてた素材はセルロイドでした。

 

kearny カーニー 1955 collection charlie チャーリー セルロイド眼鏡

 

 

  

 

 

セルロイドの最大の魅力は透明感のある美しい光沢です。

 

もともとセルロイドは象牙の代用品としてアメリカで開発されました。

 

ギターピックや万年筆、メガネなどに多く使用されましたが、加工するときに出る粉塵に強い発火性が問題になり1955年にアメリカで可燃物質規制法が成立。

 

これにより日本製のセルロイド製品などがアメリカへ輸出できなくなり、世界的にセルロイドの製造や消費が落ち込む事となりました。

 

現在ではセルロイドを作る職人も、セルロイドを加工する職人も減少しています。

 

Kearny(カーニー)の製品は、眼鏡の生産で有名な福井県鯖江市で行われています。

 

 

 

 

 

 

見えやすく疲れにくい

 

 

レンズは反射防止のマルチコーティング加工を施したレンズを使用しています。

 

コーティングを施すことで光の反射を防止し、ちらつきをなくしています。

 

見えやすく目が疲れにくくなるコーティングです。

 

 

 

 

 

 

滑らかな光沢

 

 

透明感のある美しい光沢です。

 

波紋がない均一な光を反射させるために、僅かな凹凸も出さずに磨きあげています。

 

セルロイド製のフレームは削ったほうにわずかに湾曲する特性があるそうです。

 

どれだけ削ればどのくらい曲がるのか。

 

それを熟知した職人さんたちが快適な着用感をもたらす理想のカタチを試行錯誤しながらミリ単位の削りと調整をしています。

 

熟練の職人が丁寧に磨いています。

 

 

 

 

 

 

ダブルリム

 

 

レンズの縁を2本で縁取るダブルリム構造になっています。

 

スッキリとしながらも印象的な眼鏡に仕上げています。

 

kearny カーニー 1955 collection charlie チャーリー セルロイド眼鏡

 

 

 

 

 

テンプル

 

 

テンプルはチタン製です。

 

kearnyの刻印が入ります。

 

 

 

 

 

 

蝶番

 

 

蝶番部分の開閉がスムーズです。

 

メガネの産地、鯖江で作られている高品質なメガネです。

 

 

 

 

 

 

ノーズパッド

 

 

ノーズパッドは、チタン製です。

 

チタンの輝きがこの眼鏡の品をより高めています。

 

また、樹脂性のノーズパットに比べ経年劣化が少ない点も魅力です。

 

ブリッジ部分はセルロイドをはめこんでいます。

 

華奢になりすぎない上品な印象に仕上げています。

 

 

 

 

 

 

ハンドメイド

 

 

セルロイドを加工できる工場、職人は減少しており、眼鏡の産地で有名な福井の鯖江でも、もう数軒しか残っていないそうです。

 

kearny(カーニー)は現在、全てのメガネを鯖江で生産しています。

 

失われていく素晴らしい技術を絶やさないよう、数少ないセルロイドを加工できる職人さんたちと一緒になって作られているkearny(カーニー)。

 

職人の手仕事が行き届いた眼鏡です。

 

 

 

 

 

 

専用ケース付き

 

 

専用ケースとメガネ拭きがセットになります。

 

専用ケースは写真と変更になる場合がございます。

 

ご了承ください。

 

  

 

 

 

 

デザイナーの思

 

 

時代と共に減少していくセルロイドフレームに頑なにこだわって作り上げたkearny(カーニー)の眼鏡。

 

良い眼鏡を少しでも多く作り、残していきたいというデザイナー熊谷氏の思いが詰まった眼鏡です。

 

  

 

 

Brand
   
 

kearny (カーニー)

2013年にスタートしたアイウェアブランド。

デザイナーの熊谷は、アメリカのヴィンテージ眼鏡に魅了され、日本でも少なくなっている職人によるハンドメイドのセルロイド眼鏡を作りたいという想いからブランドを立ち上げました。

世界に誇る日本の高い技術を駆使し、流行り廃りなくお使い頂けるハンドメイド眼鏡を生産しています。

セルロイドを使用したハンドメイド眼鏡をぜひ体感してみて下さい。

 
   
Country
   
 Made in Japan 
   
Quality
   
 

セルロイド、チタン

 
   
Size

 

 

サイズ 
ONE46 □ 23 145 39,5

 

サイズの測り方はこちら。

Attention
   
 色は実物に近い掲載を心掛けておりますがご覧の環境により、多少色具合が異なって見える場合もございますのでご注意下さい。 
   

 

 

 

kearny
カーニー
1955 collection charlie
チャーリー
セルロイド眼鏡
gold
[18002-gold]
0件のレビュー

価格: 42,900円(税込)

カラー 選択
gold(__S-sun__)

.





  •  

     
     
     
         
      
         
      



  • kearny(カーニー)の他のアイテム






    Accessory Otherの他のアイテム





  • 新商品






    最近チェックしたアイテム




レビュー

0件のレビュー