【8月納品予定】WORKERS ワーカーズ Queen of the road, Overall クイーンオブザロード オーバーオール 10.5 oz Right Hand White Denim, OW [WKS140]

   
 

こちらの商品はご予約商品になります。

「WORKERSのご予約について」

ご予約につきましては規約をご必読下さい。

 
   

   
 

こちらの商品は送料無料でお届けします

(※沖縄・離島を除く)

 
   

 

 

 

 

 

   
 

 

 
 

WORKERS

(ワーカーズ)

 
 

 

 

WORKERS(ワーカーズ)は岡山を拠点にワーク、トラッド、ミリタリーを中心としたメンズウェアメーカー。

 

古着独特の雰囲気を好む代表は実際の古着を研究し、その製品をが作られていたメーカーや現存する建物にまで足を運び歴史や資料を調べ上げて製品づくりのヒントにしています。

 

自分で工程を理解し、各工程ごとの専用の設備を要した工場でのみ生産を行っています。

 

そのクオリティーの高さとユニークさでJ.CREWやINVENTORYをはじめ海外からも注目を集めています。

 

 

 

 

 

 

 

Queen of the road, Overall

 

 

WORKERS 2020 Fall & Winter の「Queen of the road, Overall」です。

 

   
 

今シーズンの「コスト幾らかかってもやり切ってしまえ」品番。

 

Bossが犬なら、こっちはQueenで猫だ!

 

ついに「Queen of the road」は商標まで取得しました。

 

素材は経糸(タテ)にWORKERS別注米綿100の7番糸、緯糸(ヨコ)は混綿 で16番糸を打った未防縮10オンス(縮んで11オンス程度)のキバタ生地。

 

デザイン、胸ポケットは時計・ペン・ノー トと三種類の物が入ります。

 

現代ならiphoneをノート部分に入れると使い勝手が良い。

 

背面、ゴムにプリント入りのロー バックスタイル。

 

このゴムがフィット感を調整、と言われていますが正直使い勝手は微妙です。

 

着るときにねじれないよ うにしないといけない。

 

でも抜群にカッコイイので今回はローバックで。

 

ボタンは淵ギリギリまでQueen of the roadの刻印入り。

 

ボタンメーカーから「ノークレームだからな!」と釘を打たれ ましたが良い出来。

 

そしてラベル。

 

いつものラベル屋さんは「3色擦りは無理!」。

 

ということで、WORKERSを昔から知る近所のプリント屋さんへ。

 

本業はTシャツやスウェットのプリントですが、はるか昔、WORKERSが今よりも超小ロッ トで作っていた時代にネームをプリントしてもらっていたのです。(もっと前は、家の風呂場でTシャツ君使いプリント ネームを作りました)

 

で、3色版を作ってプリントすると、ベースの布は縮むは、版のベタ部分が多くてインク乗りすぎ てそれも縮みの原因に。

 

「失敗したらオリジナルを良く観察」に立ち返り、ベース布をシーチングからサテン生地に。

 

織がしっかりしたサテン生地は縮みづらい。

 

さらに、版のベタ部分も変更。

 

紙面が足りないので、以下ネット&展示会で!

 

WORKERS カタログ抜粋

 
   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ 各部分のディティールの説明は、

他のカラーの画像を使用していることがあります。

 

 

   
 

前の胸当てについたコンビネーションポケット。

 

メモ帳(携帯電話)、懐中時計、ペンが入るように二重構造になっています。

 

WORKERS オフィシャルサイト抜粋

 
   

 

 

 

 

 

 

 

   
 

サスペンダー金具。

 

金具はインディゴもシルバーに変更になります。

 

三角カンに通すとロックがかかっている上代。

 

三角カンから外して、ロックが外れます。

 

WORKERS オフィシャルサイト抜粋

 
   

 

 

 

 

 

 

 

 

   
 

フロントポケット。

 

独特の装飾的でもあるポケット口ステッチ。

 

右身頃側にはコインポケット付き。

 

WORKERS オフィシャルサイト抜粋

 
   

 

 

 

 

 

 

 

 

   
 

今回新しく作ったQueen of the road、ロゴ入りのドーナツボタン。

 

ボタンのフチ、巻き込みギリギリまで文字を入れてもらいました。

 

WORKERS オフィシャルサイト抜粋

 
   

 

 

 

 

 

 

   
 

フロントは一回り小さいボタン。

 

WORKERS オフィシャルサイト抜粋

 
   

 

 

 

 

 

 

   
 

このオーバーオール最大の魅力かつ、派手な部分はバックスタイル。

 

ロゴ入りのゴム、そして多色擦りのネーム。

 

WORKERS オフィシャルサイト抜粋

 
   

 

 

 

 

 

 

 

   
 

ゴム自体はこの生成り色の綿レーヨンの物がすぐに見つかりました。

 

しかし、その付属屋さんではプリントが出来ない!

 

プリントできるゴムは、もっと固い、綿ポリのものだけ。

 

それも色は真っ白。

 

これでは全然雰囲気が出ない!

 

そこで、いつもお願いしている福井県のプリントネーム屋さんに、作業ができるか聞いてみると「多少のカスレが出てもOKであれば」という答え。

 

そこでお願いしてみるとバッチリ!

 

このまま、多色擦りネームも・・・と思ったところ、多色は2色までしか出来ない。

 

そこで、今度は近所のプリント屋さんの登場です。

 

WORKERS オフィシャルサイト抜粋

 
   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   
 

お久しぶりのプリント屋さん。

 

そう、創業当時のWORKERSは数が今以上に作れない、予算もない。

 

そこで、自宅のTシャツ君でのネーム作り、Tシャツ君のフレームだけを使って自分で感光材を塗布、ふろ場で乾燥、自作の製版機で製版という、今考えるとのんきなことをしていたのです。

 

当時の、「ネーム作り失敗日記」が懐かしいです。

 

(露光時間間違えて全部露光しちゃったり、OHPシートを露光機とスクリーンの間に入れるところ、間違えて、 スクリーンの上に置いてやっぱり全部露光したり、露光が足りなくて水で流すと版が溶けたり。

 

そんなこんなで自分で作っていたところから、次の段階で同じ原理でプリントをしているプリント屋さんにお願いするようになりました。

 

やはり、このころはネーム一つに何百枚、数万円が出せなかったのです。

 

だったら、版を作って、最低限の枚数で・・・だったわけです。

 

WORKERS オフィシャルサイト抜粋

 
   

 

 

 

 

 

 

   
 

久しぶりのネーム作り、色が3色あるので版も3版。

 

さっそく、製版してプリントしてみると、一見真ん中は出来ていますが、矢印、真ん中から遠くに行くにしたがってズレている!!!

 

正直、頭抱えました。

 

もう3版作ったのに!!!!

 

原因は生地が縮んでしまう事。

 

そこで、改めてビンテージのカットしていない状態のものを観察すると・・わかりました。

 

・赤部分がもっと狭い。色が載る面積が増えるほど水分が載るので縮みやすい

 

・ベースの布がシーチングのような粗い布ではなく、もっと密に織られた物。目のでかたからおそらく朱子(いわゆるサテン)

 

ここまでわかったら版の作り直し&ベースになる生地探し。

 

ベースも一つではうまくいかないかもしれないので、生地屋さんに相談して無地生地の見本帳から数種類をピックアップ。

 

もうここまでやるだけで、5万以上かかってます。

 

たった100枚も作らないオーバーオールに!!!

 

でもここまで来たらやめられない。

 

そこで準備万端、再プリントがこちら。

 

WORKERS オフィシャルサイト抜粋

 
   

 

 

 

 

 

 

 

   
 

そんなこんな紆余曲折があり、やっと完成したネームです。

 

WORKERS オフィシャルサイト抜粋

 
   

 

 

 

 

 

 

   
 

右太ももあたりには、縦長のポケット。

 

WORKERS オフィシャルサイト抜粋

 
   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   
 

後ろポケットはホームベース型を左右に。

 

当て布無のシンプルな物。

 

WORKERS オフィシャルサイト抜粋

 
   

 

 

 

 

 

Brand
   
 

WORKERS(ワーカーズ)

WORKERSは岡山を拠点にワーク、トラッド、ミリタリーを中心としたメンズウェアメーカー。
古着独特の雰囲気を好む代表は実際の古着を研究し、その製品をが作られていたメーカーや現存する建物にまで足を運び歴史や資料を調べ上げて製品づくりのヒントにしています。
自分で工程を理解し、各工程ごとの専用の設備を要した工場でのみ生産を行っています。
そのクオリティーの高さとユニークさでJ.CREWやINVENTORYをはじめ海外からも注目を集めています。

 
   
Country
   
 

Made in Japan

 
   
Quality
   
 

 

 
   
Laundry
   
   
 洗濯表示はこちらからご確認ください。
Model
   
 

 

 
   
Size

 

 

サイズウエスト後股上股下裾幅
3488cm45cm80cm25cm
3896cm47cm80cm26cm
40112cm50cm80cm26cm

 

   
 

ワンウォッシュ・乾燥機で乾燥済みの洗い済みサンプルの実寸を測り、各サイズグレードしています。

 

前また上はクロッチ(後ろ身頃との境目)からベルトまで。
後ろまた上はクロッチ(前身頃との境目)からベルトまで。
ワタリはクロッチから下を水平に測っています。

 

サイズ選びは、まず、ご自身のおへその周りをメジャーでぐるりと測ります。
その寸法がたとえば85センチであれば、38サイズ程度を選ぶと、オーバーオール本来の雰囲気です。 ウェスト実寸+10〜15センチ程度がお勧めです。あまりウェストと近い寸法だと、ピタピタで妙な雰囲気になります。

 

モデルはインディゴが42サイズ、ホワイトが38サイズを着用。普段、32インチ(82-3)をはいているので、オーバーオールは38サイズが適正ですが、大きくても何とかなってしまうのがオーバーオールです。

 

WORKERS オフィシャルサイト抜粋

 
   

 

サイズの測り方はこちら。

Attention
   
 

 

 
   

 

 

 

 

「WORKERSのご予約について」

 

 

【8月納品予定】
WORKERS
ワーカーズ
Queen of the road, Overall
クイーンオブザロード オーバーオール
10.5 oz Right Hand White Denim, OW
[WKS140]
0件のレビュー

価格: 36,300円(税込)

カラー・サイズ 選択
10.5 oz Right Hand White Denim, OW・34(__S-34__)
10.5 oz Right Hand White Denim, OW・38(__S-38__)
10.5 oz Right Hand White Denim, OW・42(__S-42__)
数量:

.





  •  

     
     
     
         
      
         
      

  • WORKERS(ワーカーズ)の他のアイテム

    Long(ロングパンツ)の他のアイテム

    新商品

    最近チェックしたアイテム

レビュー

0件のレビュー