【10月納品予定】 WORKERS ワーカーズ Moto Coat モトコート Khaki Cotton Gabardine [WKS390]

   
 

こちらの商品はご予約商品になります。

「WORKERSのご予約について」

ご予約につきましては規約をご必読下さい。

 
   

   
 

こちらの商品は送料無料でお届けします

(※沖縄・離島を除く)

 
   

 

 

 

 

 

   
 

 

 
 

WORKERS

(ワーカーズ)

 
 

 

 

WORKERS(ワーカーズ)は岡山を拠点にワーク、トラッド、ミリタリーを中心としたメンズウェアメーカー。

 

古着独特の雰囲気を好む代表は実際の古着を研究し、その製品をが作られていたメーカーや現存する建物にまで足を運び歴史や資料を調べ上げて製品づくりのヒントにしています。

 

自分で工程を理解し、各工程ごとの専用の設備を要した工場でのみ生産を行っています。

 

そのクオリティーの高さとユニークさでJ.CREWやINVENTORYをはじめ海外からも注目を集めています。

 

 

 

 

 

 

 

Moto Coat

 

 

WORKERS(ワーカーズ)2021秋冬のMoto Coatです。

 

   
 

ジャケットの上に着られるゆったりシルエットのMoto Coat。

 

元ネタは、ビンテージの「ディスパッチコート」とか「モーターサイクルコート」と呼ばれるもの。

 

襟+フードはWORKERSのアレンジ。

 

オリジナルは大ぶりな襟でちょっと個性的すぎるのを中和しつつ、フードで機能性を追加。

 

脇から手が入るポケットは、フロントのフラップポケットと同じ袋につながっています。

 

貫通ではありません。

 

オリジナルはこの脇から手が入るポケットは存在しません。

 

本来が、歩くときに使うもので無いのでハンドウォーマー的なポケットは必要ないからでしょう。

 

でも、街歩きするコートは脇からすっと手が入るハンドウォーマーが必要。

 

最初はフロントのフラップポケットを無くし、その部分に箱ポケットを斜めにつけようかと思いましたが、それだとMoto Coatらしさが全くなくなってしまう。

 

考え抜いて、フロントのポケットは残しつつ、再度から同じポケットに手が入るように工夫しました。

 

フロントのスナップはとめやすいよう、台座に乗せて身頃にたたきつけ。

 

服としての使い勝手を上げつつ、オリジナルの雰囲気を壊さないよう努めています。

 

今回、仕上がりがかなりしゃっきりしています。

 

理由は芯。

 

ついにWORKERS で初めて、永久接着芯を部分的に使いました。

 

古着のコート=毛芯使いで高級!なイメージですが、自分で一部解体してみたバーバリーやアクアスキュータムは部分的に永久接着と思われるガッチリした芯が使われていました。

 

固い芯を入れすぎると、着心地も固く、雰囲気も「百貨店ブランド」的で「品質は良いのだけど、古着の持つ風合いとはかけ離れている」。

 

そうならないように、部分的に固さも良い塩梅のものを入れるとご覧の通り、ラフさは残しつつすっきりした仕上がりに。

 

素材、ギャバジンは70 番双糸。

 

シャツに使われるブロードが100 番双糸とか、50 番単糸。シャンブレーは20番と考えると、いかに細い糸か。

 

これを超高密度に織り撥水加工。

 

コットン100なので皺ができますが、 それがステンカラーの味でもあります。

 

WORKERS カタログ抜粋

 
   

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

※ 各部分のディティールの説明は、

他のカラーの画像を使用していることがあります。

 

 

 

   
 

背中心のネーム、ギャバジンとベンタイルは別ネーム。

 

WORKERS カタログ抜粋

 
   

 

 

 

 

 

 

   
 

フロントを開くといわゆるダブルのような、ラペルが大きくかなりドレッシーな雰囲気のフロント。

 

WORKERS カタログ抜粋

 
   

 

 

 

 

 

   
 

襟は立てても、折っても着用出来ます。

 

立てた状態だと、フードが後ろに抜けない。

 

横から見ると、この絶妙なバランスが良くわかります。

 

WORKERS カタログ抜粋

 
   

 

 

 

 

   
 

フロントを上まで閉じると今度は一転してシンプルに見える。

 

スナップが一番上だけ露出なのもその一因か。

 

WORKERS カタログ抜粋

 
   

 

 

 

 

   
 

フードのスピンドル(紐)、豚鼻。

 

WORKERS カタログ抜粋

 
   

 

 

 

 

   
 

フロントスナップは腰のあたりまで。

 

台座のような別パーツにだけスナップの下側が打ってある。

 

WORKERS カタログ抜粋

 
   

 

  

 

 

   
 

スナップを閉じる時、台座と身頃の間に指を入れる。

 

スナップを閉じるときに、体にぐっと押し付けたり、身頃を折り曲げたりしないで良い。

 

WORKERS カタログ抜粋

 
   

 

 

 

 

   
 

ウェストベルト。

 

この中に、永久接着芯があるのでベルトがかなりしゃっきりとしている。

 

このベルトの固さは悩む部分。

 

もっと固いベルト芯を入れてしまうと、見た目は良いけど、蝶結びして使うのは難しい。

 

かといって、クタクタすぎると、ある意味ビンテージのトレンチコートのようではあるが見栄えが悪い。

 

今回の永久接着芯は、その間をつく、バランスの良い固さ・厚みだと思います。

 

WORKERS カタログ抜粋

 
   

 

 

 

 

 

 

 

 

   
 

袖口はカフス仕様。

 

太さ調節のスナップあり。

 

袖裏は滑りの良いキュプラ。

 

袖丈を直す時も、このカフス仕様だと袖口で直しやすい。

 

ただ、デザイン的にステンカラーコートにはつけにくい。

 

今回、Moto Coatはオリジナルがこのカフスデザインなので似つかわしい。

 

WORKERS カタログ抜粋

 
   

 

 

 

 

 

   
 

袖に入ったタックが良くわかる写真。

 

袖は太くしたい、でも袖口はしっかり締めたい。

 

そんな二律背反をかなえてくれるのがカフス仕様+タック。

 

袖に必要な運動量を確保しつつ、Moto Coatらしい雰囲気も出す、ぴったり今回の製品にフィットした仕様。

 

WORKERS カタログ抜粋

 
   

 

 

 

 

   
 

脇のハンドウォーマーポケット。

 

貫通ではなく、フラップポケットと同じポケットに通じている。

 

参考にしたコートはこのハンドウォーマーが無い。

 

それもそのはず、バイクに乗るにしろ、街歩きでは無いのでポケットに手を入れる必要はないから。

 

でも、これが無いと、普通に街で着るコートは手の持って行きようがない。

 

かといって、フロントのフラップポケットにまっすぐ上から手を突っ込むのはかっこ悪い。

 

悩んで悩んで、ある晩に気づいたのが「脇に縫い目切り替えポケットを作り、その縫い目切り替えポケットの手の背中側に玉ぶち+フラップを貫通させれば良いのだ!という今回の仕様。

 

できてしまえば「なーんだ」という物も、悩んでいる時間は長い物です。

 

WORKERS カタログ抜粋

 
   

 

 

 

 

 

 

 

   
 

背中心下側にベント。

 

WORKERS カタログ抜粋

 
   

 

 

 

 

 

   
 

たっぷりした身頃をベルトでぎゅっと絞った時、この背中に出る皺が美しい。

 

WORKERS カタログ抜粋

 
   

 

 

 

 

Brand
   
 

WORKERS(ワーカーズ)

WORKERSは岡山を拠点にワーク、トラッド、ミリタリーを中心としたメンズウェアメーカー。
古着独特の雰囲気を好む代表は実際の古着を研究し、その製品をが作られていたメーカーや現存する建物にまで足を運び歴史や資料を調べ上げて製品づくりのヒントにしています。
自分で工程を理解し、各工程ごとの専用の設備を要した工場でのみ生産を行っています。
そのクオリティーの高さとユニークさでJ.CREWやINVENTORYをはじめ海外からも注目を集めています。

 
   
Country
   
 

Made in Japan

 
   
Quality
   
 

表地:コットン100%・撥水ギャバジン

裏地:コットン100%・ツイル

袖裏:キュプラ100%

附属:革巻きバックル/YKKミシェールスナップ

縫製:総スパン糸

 
   
Laundry
   
   
 洗濯表示はこちらからご確認ください。
Model
   
 

 

 
   
Size

 

 

サイズ着丈身幅裄丈袖口幅
3694cm54cm86cm17.5cm
3897cm58cm86cm17.5cm
4097cm66cm88cm17.5cm

 

   
 

サンプル実寸を測り各サイズにグレードしています。
モデルは15サイズシャツ、38サイズジャケットの上にコート38サイズを着用しています。

WORKERSの普段のジャケットのサイズと、想定するコートサイズ

ジャケットで34・36(ゆったり目) =コート36
ジャケット36(タイト目) ・38 =コート38
ジャケット40・42/コート40 =コート40

をお選びください。 縫製および採寸方法による誤差はご容赦ください。

WORKERS オフィシャルサイト抜粋

 
   

 

サイズの測り方はこちら。

Attention
   
 

 

 
   

 

 

 

「WORKERSのご予約について」

 

 

【10月納品予定】
WORKERS
ワーカーズ
Moto Coat
モトコート
Khaki Cotton Gabardine
[WKS390]
0件のレビュー

価格: 66,000円(税込)

カラー・サイズ 選択
Khaki Cotton Gabardine・36(__S-36__)
Khaki Cotton Gabardine・38(__S-38__)
Khaki Cotton Gabardine・40(__S-40__)
数量:

.





  •  

     
     
     
         
      
         
      

  • WORKERS(ワーカーズ)の他のアイテム

    Jacket(ジャケット)の他のアイテム

    新商品

    最近チェックしたアイテム

レビュー

0件のレビュー